ガーデンアトリエ葉守
    (旧名:グレートオークス)

this month's offer
●August●

まとまった雨が降らず(まとまられ過ぎても困りますが・・・)、木々も草花も青息吐息となってきたこの頃。

自動散水システムを採用しているお庭では散水回数や時間の見直しをぜひお願いしたいところですし、そうじゃないお庭では状況に合わせて積極的な手撒き(←って言います?)が推奨されます。

通り一遍にザーッと撒いたつもりでも、土の中を探ってみると思いのほかパサパサなのに驚かされますので、「もうこれで十分だろう」という感覚の倍以上はじっくりとホースで狙いを定めて大地を潤していきましょう。

朝か夕方のどちらかと言えば夕方の方が植物のためにはベターですが、ぐったり・しんなり・カサカサになりつつあるような緊急事態に直面した場合には かんかん照りの時間帯をできるだけ避けてなるべく早く水分補給してレスキューしなければなりません。
(この際 葉や花にかかった水滴をなるべくはらっておくと、レンズ効果による傷みを減らせます。)

耐え難い乾きで生命の危機に瀕するのは 人も植物も同じだということをどうかお忘れなく・・・!