ガーデンアトリエ葉守
    (旧名:グレートオークス)

this month's offer
●June●

七十二候の「蟷螂生ず(かまきりしょうず)」。
今年は6/6~10ということですが、一足お先に葉守の庭では生じてまいりましたカマキリの幼子たち。
1センチぐらいの小さな姿なのに もう一丁前にまわりを威嚇なんぞし始めており、なんだか笑えてきちゃうような切ないような。

よくできているけど容赦もない自然界のサイクルにおいて、こやつらの役割とは?・・・アブラムシとかオンブバッタとか庭好きにとってはにっくき害虫たちをメシメシと食べてくれる益虫と言われていますが、動く虫は何でも(それ自体益虫だろうと)召し上がっちゃう貪欲さがすごい!

まあ、害虫・益虫ってのも人間が勝手に決めただけなわけですから、彼らはただ懸命に生きて命のリレーをつないでいってるだけ。

虫ギライ、とりわけカマキリが怖い・・・っていう方もよくいらっしゃいますが、「人間は万物の霊長である」」的な上から目線のいわゆる常識ってやつから一歩離れてみると また違う世界が広がってくるんじゃないでしょうか?
 
とは言え、どアップで見るやつらの目や鎌は 結構ホラーですけどね。