グレートオークス
    ガーデンアトリエ「葉守」

this month's offer
●December●

十月末の台風で もう綺麗な状態では望み薄かなぁ・・・と危惧した割には、結構楽しませてもらった気がする今年の紅葉。 ただ気象などの条件の巡り会わせにより 例年より展開が早く、十二月に入るともう終盤を迎えています。

となると、その後待ったなしで控えているのが、大量の落ち葉!!
自然の巡りのなかでは落ち葉がやがて堆肥化して土を肥やし・・・と完璧なサイクルとなっている訳ですが、「庭」はあくまで囲われた/疑似的に再現された自然。 落ち葉が分解されるまでには半年以上かかるので、その間の美観がこのスケールの中では保ちづらいのです。 木の根元が落ち葉でカバーされていると フカフカのお布団みたいなマルチングになるじゃないか、という考えもあるでしょうが、病害虫の温床になるリスクもあり 賛同しかねます。

落ちるべき葉がほぼ落ちたら、できるだけ(ある程度、でも可。)お掃除してすっきりさせるのが やはりおすすめです。
弊社アトリエでは その後全体的に「牛ふん堆肥」をかぶせて土の活力アップを図るとともに、見た目を引き締めるという効果も発揮させています。 春まで咲き続けてくれるビオラなどを植えると、ひと足お先に迎春準備も整ってまいりますよ。