8月

ムクロジ、クリ、イチョウなど大木の枝葉が 
まるで天蓋のように強い日差しを遮ってくれ、「緑陰」度がさらに増してきた 8月の庭。

咲きすすんだアナベルがライムグリーンのボールと化し、
代わってノリウツギが白く目立ってくるのが この季節。

雨が降らない日が続くと たちまち植物がぐったりしてくるので、水やりへの注意が怠れません。

点々とつづく白い花が ノリウツギ’ライムライト’。

オレンジ色のキバナコスモスや
赤銅色のヒューケラ、明るいライム色のギボウシなど
アクセントとして植えた植物との組み合わせが 
小径をとても魅力的に演出しています。


藤色と紫→ ユウギリソウ   キキョウ科 宿根草

手前の緑の穂→ ワイルドオーツ  イネ科 宿根草

オオケタデ タデ科 一年草

花期が長く 晩秋まで次々と咲いて 秋の庭に彩りを添えてくれます。
草丈もあり 凛とした姿は 切り花としても重宝します。


キツネノカミソリ  ヒガンバナ科 宿根草(球根)

川辺の土手などにたまに自生が見られる植物。

ヒガンバナに似た朱赤の花は 
ここ葉守では 晩夏になると
イチョウの足元に可憐な姿を見せてくれます。