10月

イチョウの木から ぎんなんが降り注ぐように落ちてくるこの季節。
せっせと拾い集めては加工作業に精を出す日々がつづきます・・・

新鮮なぎんなんの美味に、そんなこんなの手間も報われるというもの・・・!

そして、ぎんなんに目を奪われている間に
いつのまにか庭のあちらこちらに 小さな秋が訪れてきていることに ある日 気が付くのでした。

シュウメイギク   キンポウゲ科 宿根草。

名前に「菊」とつきますが、実際はアネモネの仲間。
風に揺れて咲く姿は 
ナチュラルガーデンには欠くべからざる存在です。

実りの秋。
色や形の面白い「おもちゃカボチャ」を 庭のそこここに飾ってみました。

ツワブキ   キク科 宿根草。

ここ葉守では 長年の間に種で増えたツワブキが群落に。
日蔭の庭に この黄色い花が 明るさをプラスしてくれます