1月

落葉樹がすっかり葉を落とし、骨格があらわになった葉守の庭。

植物がしばし休眠しているこの時期だからこそできる
植物の植え替え作業や
ハード部分の手直し工事などには絶好の季節と言えます。

春の庭を夢見ながら・・・

玄関まわりの迎春しつらえ。
ドア両脇のアイアン・オブジェには 根引松を紅白水引で結び、
古備前の壺には しだれ柳の餅花飾り + 千両を。
Velonicaさん特製の注連飾りをドアに飾って
晴れやかでいて 気が引き締まる新年を迎える準備が完成しました。

シンメトリーに設置してあるキューブ型のプランターには
可憐なビオラ‘ビビ ピンクアンティーク’を植えて、「春先取り」気分!

ロックガーデン部分に分け入るように
奥まで歩を進められる小径を増設したところ。

これまでより もっと近づいて観察したり
しゃがんで草花の香りをかいだり
大木の樹下から空を見上げたり・・・
ちょっとした喜びが増えてきそう。

イオノプシジューム  アブラナ科 一年草 

冬から春の花の少ない時期に咲き続ける可憐な小花。
こぼれ種で毎年あちこちに出てくるスグレモノです。

スノードロップ  ユリ科 宿根草(球根)

新春を運んできてくれるガーデンの妖精。
見かけによらず丈夫な小球根で、
植えっぱなしでも健気に毎年立派に咲いてくれます。

マンリョウ  ヤブコウジ科 常緑低木

彩りの少ない冬には 赤い実が少量でもたいへん効果的。
和風のイメージがありますが もともと野山に自生する植物なので、
ナチュラルな雑木の庭にも無理なく溶け込みます。
安定感抜群なので 再評価している植物のひとつ。

白実のものもあります。
ビオラ‘ビビ クリアオーシャン’  スミレ科 一年草

冬枯れの庭の貴重な彩り。
ビオラの中では 色も花の大きさもスミレっぽいので、
葉守では冬の定番植物として毎年活躍